History(歴史小説) 一覧

功名が辻〈3〉 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

功名が辻〈3〉 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

功名が辻〈3〉 書評・レビュー・感想 第三巻は、秀吉の死にはじまり、関ヶ原直前までの話である。 この間、伊右衛門は掛川6万石のままの336...

記事を読む

功名が辻〈2〉 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

功名が辻〈2〉 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

功名が辻〈2〉 書評・レビュー・感想 第二巻は、天正十年(1582年)、信長の中国征伐から物語は始まる。 本書「功名が辻〈2〉」は、文禄三...

記事を読む

功名が辻〈1〉 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

功名が辻〈1〉 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

功名が辻〈1〉 書評・レビュー・感想 永禄十年(1567年)、山内伊右衛門が独身で、織田家の馬廻役50石だった頃から物語は始まる。 本書「...

記事を読む

上意討ち始末―子連れ侍平十郎 – 鳥羽 亮 (書評・レビュー・感想)

上意討ち始末―子連れ侍平十郎 – 鳥羽 亮 (書評・レビュー・感想)

上意討ち始末―子連れ侍平十郎 二十石徒組の長岡平十郎。 仙波市之助と2人で、林崎道場に竜虎といわれる28歳の下級武士である。 病身の妻(多...

記事を読む

ひとごろし – 山本 周五郎 (書評・レビュー・感想)

ひとごろし – 山本 周五郎 (書評・レビュー・感想)

ひとごろし 藩中きっての臆病者と評判をたてられた若侍が、それを逆用し奇想天外な方法で誰も引き受け手のなかった上意討ちを果たすまでを描...

記事を読む

酔って候 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

酔って候 – 司馬 遼太郎 (書評・レビュー・感想)

酔って候 書評・レビュー・感想 幕末の時代小説は、いわゆる志士たちの話が多い。 その中で本書は、藩主にしぼっている。 大小あわせると幕末期...

記事を読む

男の作法 – 池波 正太郎 (書評・レビュー・感想)

男の作法 – 池波 正太郎 (書評・レビュー・感想)

男の作法posted with amazlet池波 正太郎 ごま書房Amazon.co.jp で詳細を見る 書評・レビュー・感想 昭和56年...

記事を読む

竹光始末 – 藤沢 周平 (書評・レビュー・感想)

竹光始末 – 藤沢 周平 (書評・レビュー・感想)

竹光始末 書評・レビュー・感想 たまに時代小説病が発症する。 本棚にある未読の本の中に時代小説がある時はいいが、ない場合は多いに困る。 困...

記事を読む

残侠―天切り松 闇がたり – 浅田 次郎 (書評・レビュー・感想)

残侠―天切り松 闇がたり – 浅田 次郎 (書評・レビュー・感想)

残侠―天切り松 闇がたり 書評・レビュー・感想 なんだかしらないけれど、浅田次郎を読みたくなった。理由を考えたけれど、特にこれといってない...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
1 2 3 4