Comic(コミック) 一覧

ブラックジャックによろしく – 佐藤 秀峰 (書評・レビュー・感想)

ブラックジャックによろしく – 佐藤 秀峰 (書評・レビュー・感想)

ブラックジャックによろしく 超一流の永禄大学付属病院の研修医・斉藤英二郎、月収わずか3万8千円。 同大学医学部卒業から3ヶ月にして、初めて...

記事を読む

20世紀少年 – 浦沢 直樹 (書評・レビュー・感想)

20世紀少年 – 浦沢 直樹 (書評・レビュー・感想)

20世紀少年 日本が高度成長期のまっただ中の1970年代。夢と希望に満ちあふれた時代。少年たちが空想した世界。地球滅亡をもくろむ悪の組織、...

記事を読む

薩摩義士伝 – 平田 弘史 (書評・レビュー・感想)

薩摩義士伝 – 平田 弘史 (書評・レビュー・感想)

薩摩義士伝 独特の武士魂が育った薩摩藩島津家。 家中には上級武士と下級武士の対立が根強くのこっていたが・・・ その薩摩藩に徳川幕府より、濃...

記事を読む

首代引受人 – 平田 弘史 (書評・レビュー・感想)

首代引受人 – 平田 弘史 (書評・レビュー・感想)

首代引受人 死の寸前に迫られれば人間たるもの、如何なる者でも「生」への渇望に願いが募る。 そこで「死」の替わりに、金でカタをつける。これが...

記事を読む

鬼平犯科帳 – 池波 正太郎 (書評・レビュー・感想)

鬼平犯科帳 – 池波 正太郎 (書評・レビュー・感想)

鬼平犯科帳 書評・レビュー・感想 最近、池波正太郎の「鬼平犯科帳」を読んでいる。 主人公の火付盗賊改方長官・長谷川平蔵の活躍を巨匠が描いて...

記事を読む

頭取 – 野崎修平

頭取 – 野崎修平

頭取 - 野崎修平 あおぞら銀行の国有化から2年。 未だ再生の兆しが見えない中、かつて監査役として厳正な態度で銀行の闇を晒した野崎修平が、...

記事を読む

監査役野崎修平(銀行大合併編)

監査役野崎修平(銀行大合併編)

監査役野崎修平(銀行大合併編) 監査役は、会社全体の会計及び業務を監査する役職である。 あおぞら銀行監査役の野崎修平は、行内のあらゆる不正...

記事を読む

監査役 – 野崎修平 – 周 良貨 (書評・レビュー・感想)

監査役 – 野崎修平 – 周 良貨 (書評・レビュー・感想)

監査役 - 野崎修平 主人公・野崎修平が、あおぞら銀行の地蔵通り支店閉鎖に伴い、支店長から監査役に就任するところから物語ははじまる。 彼は...

記事を読む

白痴 – 坂口 安吾 (書評・レビュー・感想)

白痴 – 坂口 安吾 (書評・レビュー・感想)

白痴 posted with amazlet坂口 安吾 新潮社Amazon.co.jp で詳細を見る ・いずこへ ・白痴 ・母の上京 ・外套...

記事を読む

デスノート全巻一気読みのお値段は高いか安いか!?

デスノート全巻一気読みのお値段は高いか安いか!?

デスノート 「デスノート」ですが、何かで少しだけ読んだところで止まっていたんですが、急に読みたくなり大人買いしました。ブックオフで1冊30...

記事を読む

ヒストリエ が待ち遠しい

ヒストリエ が待ち遠しい

ヒストリエ アレキサンダー大王の書記官エウメネスの成長を岩明均氏が描く。 舞台は古代ギリシャ。 「寄生獣」、「七夕の国」の岩明均氏が連載し...

記事を読む

センゴク – 宮下 英樹 (書評・レビュー・感想)

センゴク – 宮下 英樹 (書評・レビュー・感想)

センゴク 書評・レビュー・感想 合戦をリアルに描いた戦国合戦絵巻。 主人公は、美濃・斉藤家の家臣、仙石権兵衛秀久(センゴク・15歳)。 戦...

記事を読む

「七夕の国」と日本で一番有名に一族

「七夕の国」と日本で一番有名に一族

七夕の国 日本のある寒村に受け継がれる超能力をめぐる伝奇SF。 ある村と数千の兵を持つ大名との間で合戦が生じる。 そして、その村はわずか数...

記事を読む

フリージア – 松本 次郎 (書評・レビュー・感想)

フリージア – 松本 次郎 (書評・レビュー・感想)

フリージア 書評・レビュー・感想 現代日本に敵討ち法(かたきうちほう)が施行された。 討つ者、討たれる者、それぞれを補助する者。 昨日付け...

記事を読む

イキガミ(逝紙)  – 間瀬 元朗 (書評・レビュー・感想)

イキガミ(逝紙) – 間瀬 元朗 (書評・レビュー・感想)

イキガミ 「あなたの命はあと24時間です」と言われたら・・・・・ 理不尽な「死」を前にして人間は何をするのか? 書評・レビュー・感想 この...

記事を読む

ヒカルの碁 – ほった ゆみ、小畑 健、 梅沢 由香里(書評・レビュー・感想)

ヒカルの碁 – ほった ゆみ、小畑 健、 梅沢 由香里(書評・レビュー・感想)

ヒカルの碁 (1) 書評・レビュー・感想 囲碁なんて興味もなければ、やってる人も知らない。 そんな状況だった。 仕事の関係でちょっと囲碁...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
1 2 3 4 5