Google Maps APIにおける日本の住所や駅名によるジオコーディングが復活!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Japanese Address and Placename Support Added to the Geocoding API

Maps API 開発コミュニティーの皆様へ
Google Maps APIでも、日本の住所や駅名によるジオコーディングがご利用いただけるようになりました。Maps APIを利用したサイトでは、Google マップと同様、ユーザーが入力した住所の緯度経度を割り出し、表示される地図の場所させることができようになりました。実装例はこちらをどうぞ。
尚、日本語での利用が主なサイトでは、JavaScript のソースURL のホスト名をmaps.google.co.jp にすることをお勧めします(.co.jp のドメインを使用することで、地図・写真切り替えモードのボタンも日本語で表示されるようになります)。
それでは、Web of the Year 2006 地図部門賞の受賞も記念しまして、記念に短歌を一首。
上高地
一発入力
ひとっ飛び
キミのサイトで
見る河童橋
Google マップ開発チーム一同

ということで、Google Maps APIにおける日本の住所や駅名によるジオコーディングが復活したみたい。
いままでは、CSISシンプルジオコーディング実験によるジオコーディングとGoogle Maps APIを連動させていたけど、それが必要なしになったのは素直にうれしい。

グーグルマップ Googleマップ 完全活用術 仕事の効率を上げる無料地図サービスの活用ワザ
深川岳志
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 213,198
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です