NHKスペシャル 「ワーキングプア Ⅱ」 を 観た!

【この記事の所要時間 : 約 6 分

NHKスペシャル 「ワーキングプア」 – 働いても働いても豊かになれない」という番組が、2006年7月23日に放送され、それ以降、「ワーキングプア」というキーワードが話題になっていたので、気になっていた。

働いても働いても豊かになれない…。どんなに頑張っても報われない…。
今、日本では、「ワーキングプア」と呼ばれる“働く貧困層”が急激に拡大している。ワーキングプアとは、働いているのに生活保護水準以下の暮らししかできない人たちだ。生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全世帯のおよそ10分の1。400万世帯とも、それ以上とも言われている。
景気が回復したと言われる今、都会では“住所不定無職”の若者が急増。大学や高校を卒業してもなかなか定職に就けず、日雇いの仕事で命をつないでいる。正社員は狭き門で、今や3人に1人が非正規雇用で働いている。子供を抱える低所得世帯では、食べていくのが精一杯で、子どもの教育や将来に暗い影を落としている。
一方、地域経済全体が落ち込んでいる地方では、収入が少なくて税金を払えない人たちが急増。基幹産業の農業は厳しい価格競争に晒され、離農する人が後を絶たない。集落の存続すら危ぶまれている。高齢者世帯には、医療費や介護保険料の負担増が、さらに追い打ちをかけている。
憲法25条が保障する「人間らしく生きる最低限の権利」。それすら脅かされるワーキングプアの深刻な実態。番組では、都会や地方で生まれているワーキングプアの厳しい現実を見つめ、私たちがこれから目指す社会のあり方を模索する。

そうして、パート2として「NHKスペシャル 「ワーキングプア2」 – 努力すれば抜け出せますか?」が放送されるということで興味を持って観た。

『働いても働いても豊かになれない…』。
今年7月に放送したNHKスペシャル「ワーキングプア」は、生活保護水準以下の暮らししかできない“働く貧困層”の厳しい現実を見つめ大きな反響を呼んだ。NHKに届いたメールやファックスをもとに、今回、ワーキングプアのさらなる実態を取材。「第2弾」として放送する。
この10年の雇用環境激変の影響を、最も大きく受けた女性たち。その窮状を訴える声が数多く寄せられた。雇用が回復した今も「正社員」は依然として狭き門で、複数の派遣やパートの仕事を掛け持ちしても、生活ギリギリの給料しか得られない女性が急増している。
一方、中小零細企業の経営者からは、『景気回復など実感できない』という声が相次いだ。海外との激しい価格競争の渦に巻き込まれ、廃業に追い込まれる企業が続出。地域全体が地盤沈下するところも出ている。再チャレンジしようにも、衰退した地域の中では、なかなか新しい仕事を見つけることはできない。
 さらに老後への不安も高まっている。医療費などの負担が増え、年金だけでは暮らせず、70歳を過ぎても清掃や廃品回収の仕事を続けるお年寄りも数多い。
なぜ真面目にコツコツ生きてきた人たちが報われないのか。どうすればワーキングプアの問題を解決することができるのか。一人一人が抱える現実を直視し、社会のあるべき姿を探っていく。

ワーキングプアとは、働いていても生活保護水準以下の人のことであり、Wikipediaでは、約700万と記述されているが、NHKスペシャルでは、約400万世帯としていた。
生活保護とは以下のようにWikipediaには書かれている。

生活保護(せいかつほご)とは日本の憲法第25条に規定する理念(生存権)に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに自立を助長することをいう。
2006年2月時点で受給者が100万人を超えており社会問題になりつつある。しかし生活保護者が多いことは、生活保護を受給せざるを得ない底辺層が増えたと言うことであり、格差社会の被害者であるとも言える。生活保護受給者が増えたから生活保護の制度を変えるのではなく、生活保護を受けざるを得ない人が増えてしまったことに対する対策が必要であろう。

番組を見ていて、劇団・黒テントの「森の直前の夜」を思い出した。その時、以下のように書いた。

今回、黒テントが上演した2作品「西埠頭」と「森の直前の夜」に出てくる主人公は、現代日本にはいない種類の人間である。それがよりわかりにくくしていたのかもしれない。
一番近いものが、ロマ(ジプシー)であったホームレスやストリートチルドレンであったりするのかもしれない。
日本では家族のホームレスや社会層として固定化されたホームレスがほぼいない。そして彼らが物乞いをするというのもあまりない。
近代以前ならほのぼのと暮らしていけた種類の人たちであり、近代という流れでめちゃくちゃにされた人たちである。そういう人たちを主人公に何かを演じる。
今はまだよくわからないが、心の奥に沈殿させておけば、何年、何十年後かになにかがわかるのかもしれないと思った。

NHKスペシャルで以前から取り上げられていた生活保護の問題も絡んでいる。
生活保護に絡む問題として社会保険がある。そして年金も。
これらのセーフティネットを再構築しなければ、現状に合わせるには相当無理で、制度自体がお疲れさん状態となっているように思う。
生活保護の不正受給や、扶養義務者にむりやり扶養を認諾させたり、友人に援助しろと迫ったりといったブラックな面は、自治体が正面から向き合う必要があると思う。
近代以前ならほのぼのと暮らしていけた種類の人たちであり、近代という流れでめちゃくちゃにされた人たちがワーキングプアなのかなあ~と思ったりもする。
ワーキングプアの人が高齢化すれば年金をもらえない人がでてくる。
番組ではそれによって「貧困の再生産」が起こると述べていた人がいた。
それによって家族のホームレスや社会層として固定化されたホームレスがでてくるのかもしれない。
NHKにはかなりの反響がよせられているらしく、多くの人の琴線に触れたのだと思う。
銀の弾丸はないのだと思う。

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)
門倉 貴史
宝島社
売り上げランキング: 238,718
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です