長門守の陰謀 – 藤沢 周平 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


長門守の陰謀長門守の陰謀

1.夢ぞ見し
2.春の雪
3.夕べの光
4.遠い少女
5.長門守の陰謀
庄内藩十三万八千石、その藩主世継ぎをめぐる壮絶な暗闘、いわゆる「長門守事件」として史実に残る庄内藩空前の危機を描く表題歴史小説。
ほかに、時代小説のもっとも純一な世界を緻密かつ簡潔に描き上げた初期短編「夢ぞ見し」「春の雪」など秀作四編。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

たまに読みたくなる歴史小説。
寝る前に読むのにちょうどいい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です