経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには – 大竹 文雄 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには 経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには

プロローグ お金がない人を助けるには?
1 イイ男は結婚しているのか?
2 賞金とプロゴルファーのやる気
3 年金未納は若者の逆襲である
4 所得格差と再分配
エピローグ 所得が不平等なのは不幸なのか

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

経済学という名がつく本で最近読んだのは以下の2つ。
これも経済学だ!
ヤバい経済学
それと本書を比べると・・・
本書 < これも経済学だ! <<< ヤバい経済学
という評価。
つまりまーそんな本です。
とくに目新しさもなく、大学の先生が新書を出しましたよ!って感じ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です