ベルギー王立美術館展へ行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ベルギー王立美術館展
ベルギー王立美術館展」へ行ってきた。

ブリュッセルのベルギー王立美術館の所蔵作品より、16世紀のフランドル絵画から印象派、象徴主義を経て20世紀の超現実主義(シュールレアリスム)絵画まで、およそ400年にわたるベルギー絵画の歴史を紹介します。
ブリューゲルをはじめ、ルーベンス、ヴァン・ダイク、クノップフ、アンソール、さらにはマグリット、デルヴォーらまで、油彩とデッサン合わせて100余点の名品を展示します。特に半世紀以上ベルギーから出ることのなかった「イカロスの墜落」は、本展の目玉作品のひとつです。

とのことで、ルーベンスを楽しみに、ちょっとマグリットでも見ようかと行ってきた。
場所は、「国立西洋美術館(東京・上野公園)」。
上記の「イカロスの墜落」はかなりシュール。
昼と夜が混在した「光の帝国」はなんだかぼやけた感じ。
ベルギー王立美術館展

キリスト教シンボル事典 (文庫クセジュ)
ミシェル フイエ
白水社
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です