06ペナントレース終了。そして07へ!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

成績発表。
1位 : 中日 87勝53敗5分 .621 優勝
2位 : 阪神 83勝58敗4分 .589 4.5
3位 : ヤクルト 70勝72敗3分 .493 13.5
4位 : 巨人 65勝79敗2分 .451 6
5位 : 広島 61勝79敗5分 .436 2
6位 : 横浜 58勝84敗4分 .408 4
2006年04月12日の予想では、

今年は、巨人、広島、ヤクルトがあがってくると思っている。
もちろん阪神、中日も粒がそろっているので、かなり混戦になるはず。
横浜は戦力的に若干落ちるとみた。

うん。一部当たってるような気がする。
井川が最終戦を白星で飾って、奪三振王もゲットして投手陣としては・・・
井川 : 14勝9敗
福原 : 12勝5敗
下柳 : 12勝11敗
安藤 : 10勝3敗
阪神ファンとしては、この数字で井川を大リーグへ出すのはきびしい思いはあるが、彼の思いもあるので、チャレンジして欲しいと思う。
なんとか福原、安藤がポスト井川に育ってきたのでフロントも、決心してあげてほしい。
ただ、左の下柳の年齢などを考えると左が薄いのは否めないが、若手の奮起に期待して世代交代を果たして欲しい。若手の左投手と捕手。来年のポイントかと思う。
それと、今年、片岡が引退した。
タイガースではあまりぱっとしない晩年を過ごさせてしまったようで心苦しい。
できればいつになるかわからないが、コーチ陣としてタイガースに関わって欲しいと思う。

喜怒哀楽の歩み 猛虎の80年
日刊スポーツ新聞西日本編
日刊スポーツ出版社 (2015-10-09)
売り上げランキング: 63,901
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です