京成立石に残る下町の名店「鳥房(とりふさ)」

【この記事の所要時間 : 約 1 分

京成電鉄の京成立石のすぐ近くに「鳥房とりふさ)」という店がある。
道路面は、鳥肉屋さん。
裏に回ると「鳥房」と大きく書かれた隠れ家のような障子引戸の居酒屋がある。
表の肉を焼いて裏で食べる仕組み。
表の鳥肉屋が居酒屋の厨房を兼ねていて、表でつくられた料理が裏にまわる。
鶏肉屋と居酒屋の表裏一体構造。
裏の店は、平日は16時~21時、土日は15時~20時30分。
カウンターと8畳位の小上がりがあり、全部で15人ほどが定員。
鳥房
鳥房の注文は、「若鶏のから揚げ」から。
若鶏のから揚げは「1人1皿」が基本。
表面パリパリの中身ジューシーなから揚げが食べれる。
初心者の場合はおばちゃんが食べ方を教えてくれる。
半紙と割箸を利用してコツをつかまないとうまくから揚げを解体できない。
から揚げは、重さによって値段が違う550円~650円(仕入れ具合によって異なる)
鳥房
「鳥のさしみ」なども鳥が新鮮なため食べれる。
個人的には「ポン酢さし」が好きだ。(から揚げがでてくるまでそれで飲むのがいい)
写真はこちらへどうぞ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です