【WPプラグイン】 アイキャッチを自動設定してくれる – Auto Post Thumbnail

【この記事の所要時間 : 約 2 分

wordpress

WordPressのテーマとして、Simplicityを使った理由の1つとして、アイキャッチの機能がすばらしいという点がある。アイキャッチがあると記事一覧でもサムネイルでも非常に見やすいし、わかりやすい。このアイキャッチはPVならびに、記事滞在時間を増やす両方の意味で有効だと思われる。

ただし、記事ごとにアイキャッチを設定しなければならないので、数多くの過去記事があるときは面倒である。どうしようかな~と悩んでいる時に見つけたのが、このプラグイン「Auto Post Thumbnail」である。

インストールし、有効化した後は、「Generate Thumbnails」を押せば、過去記事のアイキャッチを自動的に設定してくれる。バーで進捗状況を教えてくれて100%になればOKである。

ただし、使い方に注意が必要である。なぜなら過去記事が大量にある場合、WordPressをインストールしているサーバーによっては、検知システムに引っかかり、規約違反コンテンツの自動凍結プログラムが動作してアカウントが凍結される恐れがあるからである。

実は今回、4000記事以上の過去記事がある状態で、「Auto Post Thumbnail」を実行したら、Coreserverの検知システムに引っかかり、一時的にアカウントを凍結されてしまった。

「Auto Post Thumbnail」実行中に、どこまでアイキャッチが設定されたかをサイトで見ていたら、急に「Forbidden You don’t have permission to access / on this server」というエラー画面が表示され、そのサーバーにおいている全てのサイトの閲覧が同様に「Forbidden」となってしまった。SSHやFTPは利用できるが、サイト閲覧は「Forbidden」だったので、パーミッションを調べたところ、public_htmlのパーミッションが770で所有者がrootに変わっていた。

これはCoreserver側に何かされた!とわかったので、サポートに問い合わせたところ、検知システムの誤検知でアカウント停止状態になっていたとのことだった。すぐにアカウントを再開してもらったが、このようなことがあるので、このプラグインの利用には注意してほしい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です