【名画の扉】 この絵の作者とタイトルは? – 第50回

【この記事の所要時間 : 約 2 分


[ 名画の扉の問題 ]
この絵画の作者とタイトルは?
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
[ 名画の扉の回答 ]
ジョット作 「ユダの裏切り」
新約聖書において、イエスを裏切るユダが描かれている。ユダヤの司祭や兵士に誰がイエスであるかを示すために接吻をしたといわれている。この時、ユダは、イエスを銀貨30枚で売ったといわれている。この接吻こそが、裏切りの決定的瞬間なのであり、その様子を切り取ったのが本作品となっている。
ジョット・ディ・ボンドーネ Giotto di Bondone 1267-1337 | イタリア | ゴシック

絵画の祖とも呼ばれているゴシック絵画最大の巨匠。その作品は後のルネサンス期に活躍した画家に多大な影響を与えると共に、(宗教的)絵画を描く上での基準となった。イタリア絵画の創始者チマブーエがジョットの類稀なる画才を見出したとされ、それまでの宗教画に見られなかった浮き彫り的な空間表現や内面に迫る心理描写など、それまでの様式に革新をもたらし、新たな様式として確立する。初期から晩年にかけ作風(様式)は著しく変化しており、アッシジの壁画などジョット作と伝わっている作品の多くの作者帰属については、現在も議論が続いているものが多い。

(名画の扉・シリーズ)

徳島県・鳴門にある「陶板名画美術館」として有名な「大塚国際美術館」で撮影してきた世界的に有名な西洋絵画をもとにその絵の作者やタイトルを当てようと言うシリーズである。あなたは、どれくらい当てられる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です