【名画の扉】 この絵の作者とタイトルは? – 第48回

【この記事の所要時間 : 約 2 分


[ 名画の扉の問題 ]
この絵画の作者とタイトルは?
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
[ 名画の扉の回答 ]
シモーネ・マルティーニ作 「受胎告知」
ウフィツィ美術館にある作品であるが、元々は、シエナ大聖堂内サンタンサーノ礼拝堂のために描かれた祭壇画である。受託告知の場面のお約束通り、大天使ガブリエルと聖母マリアが描かれているが、その隣には、シエナの守護聖人であるアンサヌスと聖女が描かれている。
このような形で、宗教画の中に必要性に応じて、パトロンや守護聖人、画家本人などが描かれる場合がある。
シモーネ・マルティーニ Simone Martini 1285-1344 | イタリア | ゴシック期シエナ派

14世紀に活躍したシエナ派の画家。美しい色彩や装飾性から、同じくシエナ派の画家であったドゥッチョの弟子と推定されているが、ドゥッチョにはあまり見られなかった写実性も認められることから、フランスゴシックからの影響もあったと研究されている。1317年ナポリのアンジュー家の宮廷での制作、その後アッシジのサン・フランチェスコ聖堂の壁画制作、1340年教皇庁の宮廷画家としてアヴィニョンで板絵、壁画、写本を制作…などの業績が確認されているが、その生涯においての詳細な制作記録は不明である。晩年の作品は国際ゴシック様式を予告しており、後のフランスやフランドルの画家に大きな影響を与えた。

(名画の扉・シリーズ)

徳島県・鳴門にある「陶板名画美術館」として有名な「大塚国際美術館」で撮影してきた世界的に有名な西洋絵画をもとにその絵の作者やタイトルを当てようと言うシリーズである。あなたは、どれくらい当てられる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です