【名画の扉】 この絵の作者とタイトルは? – 第47回

【この記事の所要時間 : 約 2 分


[ 名画の扉の問題 ]
この絵画の作者とタイトルは?
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
[ 名画の扉の回答 ]
ルノワール作 「ぶらんこ」
印象派らしい点描を利用した補色と明るさをうまく表現した作品である。ロココ時代を代表する画家であるフラゴナールが描いた「ぶらんこ」と比較すると時代によって絵画に求められているものが異なることがよくわかる。
この作品は、画家仲間であったカイユボットが一時期、所有していたことでも有名であり、描かれている女性は、女優のジャンヌだといわれている。
ピエール=オーギュスト・ルノワール Pierre-Augustê Renoir 1841-1919 | フランス | 印象派

印象派の中でも特に名が知られた同派を代表する巨匠。しばしば女性的と直喩される流動的かつ奔放な筆勢や、明瞭で多様な色彩、豊潤で官能的な裸婦の表現、揺らめく木漏れ日による人物や風景への効果を研究した斑点状の描写など特徴的な表現で数多くの作品を制作。1874年、第一回印象派展に参加。以後、第二回、第三回には参加するも、第四回と第七回以降は不参加。

(名画の扉・シリーズ)

徳島県・鳴門にある「陶板名画美術館」として有名な「大塚国際美術館」で撮影してきた世界的に有名な西洋絵画をもとにその絵の作者やタイトルを当てようと言うシリーズである。あなたは、どれくらい当てられる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です