サーバとルータに障害発生!(停電&雷?)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

実は・・・3日ほどサーバが落ちてた!
2006/08/12 : 雷?によりサーバが落ちてたらしく、ルータの調子もおかしくなる。
2006/08/14 : 停電によりサーバが落ち、ルータが起動しなくなる。
という感じで連続でサーバに障害が発生していた。
そのため、8/12の昼~8/15の夜まで本ブログや自宅サーバにおいてあったアプリにアクセスできなくなっていた。自宅サーバに復活の兆しがないため、8/14~15にかけて別サーバへ移行することにし、DNSの変更なども行って、8/15の夜にやっと移行が完了した。
まだテストしていないものなどもあるが概ね正常に動作しているように見受けられる。
雷でサーバにどういう影響があるのかよくわからないけど、落雷停電があったっぽいエントリーもあるので短い時間の停電があったのかもしれない。
がらくたラボ:落雷停電時に起きたことメモ
上記、がらくたラボさんのところでは、以下のような状況だったようで、たぶん私も同じだと思われる。

■落雷、停電状況
・大きな落雷により停電。30秒から1分ぐらいで電気が落ちたのが2回
・瞬停が1回。1秒弱の短いスパンの停電が一回。こういう微妙な停電で、コンピュータは落ちないまでも、誤作動しはじめることがあります。
・その他、犬が大騒ぎする落雷多数

8/14の停電はニュースになっていたように東京、千葉、神奈川などの広範囲で発生していたようで、ドコモのサーバなども一部落ちていたらしい。冷蔵庫の電源が落ちて、食品が腐ってしまった例などもあったようで、データセンターなどでは、UPSが活躍したと思われる。
ちなみに、UPSとは、無停電電源装置(むていでんでんげんそうち)と呼ばれ、ウィキペディアでは以下のように書かれている。

入力電源に停電などの異常が発生しても一定時間は停電することなく電力を供給し続ける電源装置である。一定時間を超える停電には非常用発電機を併用したり、安全にコンピューターなどを終了させる機能を併用するのが一般的。

東京電力からは以下のようなプレスリリースが出ていた。
クレーン船の接触に伴う当社特別高圧送電線損傷による停電事故について
自宅サーバにUPSはないので、停電などはどうしようもないが、データセンター以外の場所でサーバを運用している人は結構いそうなので、みんなサーバが落ちたのかな?
もしかしたら、今回の停電で一番の利益を得たのは、データセンターを持っている企業か、UPS製造メーカーかもしれない。
自宅に無停電電源装置 : NDO::Weblog
上記のNDO::Weblogさんのところのように自宅にUPSを置く人も増えるのかもしれない。
停電オンパレード (Kazuの挑戦日記)
The Good Life: たまにはね。
「雷の影響」@水無月ばけらのえび日記
ttの日記:停電後日談
2006/8/14 月曜日 大変だったようで
ぺたぺたしてってください(^^;: 停電!

急増する新型被害への対策雷害リスク―ネットワークと情報資産のリスクマネジメント
雷害リスク低減コンソーシアム
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,100,589
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です