たった1日で即戦力になるExcelの教科書 – 吉田 拳 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

「Excelぐらい、まあなんとかなるよ」……そういいつつ、作業に何時間もかかってイライラしたり、いつもミスをして時間をムダにしていませんか?そんなExcel地獄に陥らないための、今日から即役立つテクニックから、社会人10年目でも意外とわかっていない「なぜ、それが必要なのか?」といった目的意識まで、実務直結の知識を最小限の時間でマスター。50社以上、のべ2000名以上の指導実績に裏打ちされたノウハウが満載。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

女性スタッフのパソコンスキルの底上げのためにエクセル講習会を開くことになった。そのためのタネ本として購入。最低限必要なことがまとめられていて非常にいいと思う。
ここから拾ったネタをまとめて、独自に例題集と回答をつくれば講習会の準備はできたも同然。エクセルを誰かに短時間で教えるために最低限必要なことが網羅されているのでネタ本として非常に優秀だと思う。
エクセルの資格を持っている人でも実際に現場で使えない人は多い。最低限のエクセル運用力があるかを試すテストに使うのもいいかもしれない。ショートカットやオートフィル、並び替え、VLOOKUPなど10個くらいの関数が使えないと最低限のエクセル運用力があるとはいえない。これを土台にして現場で経験をつんで中級者になってもらいたい。
変なエクセルの本を買うよりこれ1冊をしっかりマスターして、あとは逆引き関数辞典でも持っていれば十分現場で活躍できると思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告