くわたますみ

【この記事の所要時間 : 約 2 分

かなしい。。。
桑田の話である。
「制球力の桑田」といわれた投手が、1回からストライクが入らず、四球。押し出し。死球。退場。。。
あれは、全盛期の桑田を見た人間なら巨人ファンならずも目を覆ったことだと思う。
ストレートも120キロ台で制球も定まらない。
あの投球をみて、こみ上げてくるものがあった関係者は多いだろう。
桑田は少年時代、大阪のボーイズリーグに所属していた。(清原は岸和田のリトルリーグ)
僕は、岸和田のボーイズリーグに所属していた関係で、桑田、清原のその後については注目してきた。そして、甲子園で、東京ドームで、勇姿を見ていただけにかなしかった。
残念だが、桑田が復活する可能性は低いと思う。
佐々木に続いて桑田もかと。ベタに一時代の終わりを感じた。
しかしながら、藤川球児の投球を見て、やはり新旧交代が近い気がした。
ねばりがあってしなやかな投球をする球児。
制球が乱れ、ストライクを取りに行くがためにちじこまった投球をする桑田。
和田バッティングコーチも敵ながら悲しそうな目をしていた。
ラジオでは、坂東栄治が「桑田くんは終わった」と。
200勝までまだ30勝近く残っているのに。。。
別件だが、岡田よ。
能見をかえるタイミングを少なくとも2回逃してるぞ。
欲をかくなよ。欲をかけば、足元をすくわれる。
中継ぎを疲れてるのはよくわかる。
だが、見る限りまだJFKに余裕はあるぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です