99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ – 河野 英太(書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ
河野 英太郎
ディスカヴァー・トゥエンティワン

こんな風に思ったことはありませんか?
 ●リーダーはメンバーより仕事ができなければいけない
 ●メンバーに好かれているかいつも不安
 ●リーダーに二言があってはならない
 ●メンバーの褒め方、叱り方がわからない
 ●メンバーのモチベーションがあまりに低い
 ●成長したいと思っているメンバーがいない
 ●メンバーへの指示の出し方がわからない
 ●「かわいそうだから」が口グセになっている
 ●威厳を保つためにときどき大きな声を出してしまう
 ●チームの一体感がつくれない
 ●リーダーは孤独に耐えなければいけない
リーダーに求められる能力は、決して特別なものではありません。たとえば上記を解決するのに必要なのは、実は「コツ」かもしれません。「コツ」とはスポーツでいえば「フォーム」や「型」のようなもの。まずはこれを身につけ、愚直に実践、継続すれば、どんな人でもリーダーになることができるとともに、これが成功する最短の道かもしれません。
このコツを知っているか知らないかは、あなたのパフォーマンスをとても大きく左右します。実は99%の人がしていない、でも効果絶大なリーダーのコツ。それを本書はご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

スタッフからリーダーになった人向けにいい教材をないかと探していたところ、ちょうどいいのがあったと感じたのが本書である。リーダーという役割を演じるための「フォーム」や「型」を教えてくれる。考えた方もそうだが、「フォーム」や「型」の内容もちょうど初心者リーダー向き。
本書にかかれていることをすべて実行する必要はないが、悩んでいることや、どうしていいかわからないことは、本書を参考にして実際に少しづつ実践しれば、勘所がわかってくるだろう。
実践してこそ身につくものも多いが、何を実践していいかわからない人向けには非常に良書!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告