株の原則 – 邱 永漢 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

「株」は、時代を読み、推理し、そして楽しむための絶好の題材である。「株の原則」とは、よくできた推理小説を堪能するように、時代の変化や経済の動きの筋を読み、登場人物である「株」の動向を推測することだ。推理のカンが冴えれば儲けは自然についてくる。“金儲けの神さま”が教示する、だれにもわかる15の「株の基本原則」。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

知人から、邱永漢(Qさん)の本を読めと、渡された本の2冊目である。
1冊目で読んだ「お金の貯まる人はここが違う」の株バージョンである。こちらも、基本的なリテラシーをわかりやすく、よみやすく書いてある。
知人がなぜ、邱永漢を読めといったのか、まだ、よくわからないが、「基本が大切」ということかな??

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です