アイアンをフジクラの「MCI 100-S」にリシャフトへ!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


先日、知人から借りた話題のカーボンシャフト「MCI」を打ってみたが、「非常に!非常に!良かった!」。やはりテクノロジーの進歩というのは、すごいね。
実際の打った感じは、カーボンという感じをしなかった。完全にスチールと同じ感覚。しかし、ボールは高く上がって飛ぶ。実際、7番アイアンで、15ヤードくらい違ったんじゃないかな。いままでDGのS300を使っていたので、飛ばず、高さも上がらずという苦労をしていたのが嘘のようである。これなら、グリーンにボールを止められる!
話題のカーボンシャフト「MCI」を借りた!

最近、ゴルフ業界では、アイアンのカーボンシャフトがはやっている。なぜはやっているかといえば、高性能なカーボンシャフトが出てきたからだ。以前までのカーボンシャフトは、柔らくてしなりがあるが、頼りない印象を抱く人が多かった。しかし、新しく出てきたカーボンシャフトは、しっかりとした強度としなりが両立したモデルとなっているので人気になっている。その中で知人から借りたのが、このフジクラの「MCI 100-S」である。


ということで、さっそく、アイアンはすべてMCIシャフトにリシャフトすることに決定し、あとは業者をどこにするか考えて、西新宿に店舗がある「つるやゴルフ」に決めた。
つるやゴルフ – リシャフト
MCI 100s の値段は、シャフト代金とリシャフト作業料金を含めて、1本 7,200円、グリップは、No.1グリップを使っていたが、このグリップは再利用できないし、けっこうグリップも擦り切れてきたので、グリップも新調することにした。グリップの色は今までが赤だったので、水色に!

ショートティがちょうどなくなったので、ついでに購入して、リシャフトができるまで、だいたい2週間程度とのこと。つるやゴルフでは、リシャフトの場合は、彦根工場へ送って実施するとのこと。できあがりが非常に楽しみ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告