【名画の扉】 この絵の作者とタイトルは? – 第26回

【この記事の所要時間 : 約 2 分


[ 名画の扉の問題 ]
この絵画の作者とタイトルは?
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
[ 名画の扉の回答 ]
アンドレア・マンテーニャ作 「キリストの磔刑」
本作は、マンテーニャの代表作である「キリストの磔刑」である。磔刑に処されている3人のうち、真ん中がイエスである。残りの2人は、同時に磔刑に処された人たちである。左下には、イエスの状態を見て、ショックを受け、失神する聖母マリアが描かれている。
右下の方でサイコロのゲームをしているのは、罪人が着ていた服を誰がもらうかを決めていると考えられている。
場所は、エルサレムにあるゴルゴタの丘である。
アンドレア・マンテーニャ Andrea Mantegna 1431-1506 | イタリア | 初期ルネサンス パドヴァ派

初期ルネサンスの北イタリアにおいて、その普及に中心的な役割を担った15世紀を代表するパドヴァ派の画家。その様式は古典的なモティーフを、類稀な想像力と遠近法を用い劇中を思わせる現実味を帯びた、極めて高度な独自性の示す。現存する作品総数は55点(工房作や帰属作を含めると約85点)を数え、いずれも画家の特徴を示しており、北イタリアの芸術全体へ強い影響を与えた。

(名画の扉・シリーズ)

徳島県・鳴門にある「陶板名画美術館」として有名な「大塚国際美術館」で撮影してきた世界的に有名な西洋絵画をもとにその絵の作者やタイトルを当てようと言うシリーズである。あなたは、どれくらい当てられる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です