4スタンスゴルフ [DVD] – 横田真一 (評価・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

横田真一 4スタンスゴルフ [DVD]
よしもとアール・アンド・シー

4スタンス理論とは…
・人間の体のタイプが先天的に4つに分かれるという理論である
・A1 / A2 / B1 / B2 必ずこの4つのタイプにあてはまる
・そのタイプは一生変わらず、中間もない
・トレーニングしても変えることができない
スポーツ整体師・廣戸聡一の考案したこの理論を、プロゴルファー横田真一がゴルフにあてはめ分かりやすく解説。世界中のゴルフの常識と理論が大きく変わるときがやってきた!このDVDでは横田真一が一流ツアープロの行動やショット、パッティングを4スタンスの知見から徹底的に究明!3枚組! 総収録時間361分!
ゴルフスイングで悩んでいる人に、一度は見てもらいたいDVDである。4スタンス理論とは、人間の身体のタイプが先天的に4つに分かれており、そのタイプごとにあった動きがあるというものである。DVD3枚のうち、1枚目は、理論編として、自分がどのタイプに当てはまるか、なぜそうなるのか、がわかる内容となっている。2枚目は、タイプごとのゴルフスイングと気をつけるべきこと、3枚目は、より詳細な内容といった感じである。
DVDを見る前は、知人にB1タイプだといわれていたが、実際に内容を照らし合わせてみると、B2であることがわかった。「B2タイプ」のスイングは以下のようなものが自然とのこと。
・丸い曲線リズム、うねるイメージ、ゆすりながら、のびのびと
・テイクバックは右に沈みながらゆっくり、コックは少ない
・スタンスは広めで、右軸
・トップの間で切り返し、トップの間が大切
・オープンスタンスでインサイドアウトが8割
・スイングアークはV型ではなく、U型
・パターは、手首(コック)打ち×、押してフォローで打つ×
・NGワード
・ウィークグリップ×
・テイクバックで肘をしぼる×
・背筋を伸ばしてアドレス×
とても勉強になり、練習と実践に活かしたいと思う。
ゴルフはさまざまな理論があり、雑誌やテレビなどでは、それが入り混じった感じで書かれているので、人によって言うことがまったくの逆であったりしたが、この4スタンス理論でそのわけがわかった。雑誌などを見たり、レッスンで習ったりしても違和感があった部分がB2タイプだからということがわかり、非常にすっきりした。変える部分と変えなくていい部分が明確になったので、練習が非常にシンプルになると思う。
スイングに悩んだら、また見たいと思う。
たぶんそうやって何度も見返す作品なんだと思った。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告