ブラザー・サン シスター・ムーン – 恩田 陸 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ねえ、覚えてる?空から蛇が落ちてきたあの日のことを―本と音楽と映画、それさえあれば幸せだった奇蹟のような時間。高校の同級生、楡崎綾音・戸崎衛・箱崎一のザキザキトリオが過ごした大学時代を描く、青春小説の新たなスタンダードナンバー!本編に加え、三人の出会いを描いた単行本未収録作「糾える縄のごとく」、さらに文庫版特別対談「恩田陸、大学の先輩と語る」を収録。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ストーリーというのは特にないが、著者の青春時代を少しづつ投影させた私小説に近いのかもしれない。恩田陸の小説がすきだという人には微妙かも。
ただ、エッセイ風だと思えれば面白いかも。
積極的にはお勧めしずらい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告