【名画の扉】 この絵の作者とタイトルは? – 第23回

【この記事の所要時間 : 約 2 分


[ 名画の扉の問題 ]
この絵画の作者とタイトルは?
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
[ 名画の扉の回答 ]
ヴェロッキオ作 「キリストの洗礼」
レオナルド・ダ・ヴィンチの師匠であるヴェロッキオが、ダ・ヴィンチと一緒に作成した作品である。ほとんどの部分はヴェロッキオが書いたといわれているが、左の天使は、ダ・ヴィンチが描いている。
この時、師匠のヴェロッキオが、ダ・ヴィンチの才能に驚き、自身が絵画ではなく彫刻に専念するきっかけになったとも言われている。
作品自体は、右にいる洗礼者ヨハネが隣のイエスにヨルダン川にて洗礼をほどこしている様子を描いたものである。
イエスの頭上には、父なる神の手と、精霊を意味する白鳩が並んでおり、三位一体を表現している。現存するレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた最古の作品である。
(名画の扉・シリーズ)

徳島県・鳴門にある「陶板名画美術館」として有名な「大塚国際美術館」で撮影してきた世界的に有名な西洋絵画をもとにその絵の作者やタイトルを当てようと言うシリーズである。あなたは、どれくらい当てられる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です