赤羽ゴルフ倶楽部へ行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


「赤羽ゴルフ倶楽部」の早朝ハーフゴルフへ行ってきた!
赤羽ゴルフ倶楽部は、荒川河川敷にあるゴルフ場である。JR埼京線浮間舟渡駅から徒歩7分という駅から近いゴルフ場である。駅からそれだけ近いのに、倶楽部バスも駅から15分おきに出ているらしい。
場所は、荒川沿いの東京側である。近くには、浮間公園がある。
首都高速の板橋本町ICから5kmという都心からの近さ。

平日4,100円、土日5,150円とリーズナブル。
河川敷だが、倶楽部ハウスは結構キレイ。
地形はフラットで木も少ない。

早朝ハーフは、予約制ではなく、先着順(到着順)なので、フロントでこの青い札をもらい、キャディバッグに付けて、そのままコース横まで行くという流れ。

スタンプカードをもらった。これは3回行けば、4回目は2,600円でプレーできるというもの。土曜日は、5,150円なので、2,550円安くなる。4で割ると1回あたり637円安くなるので、慣らせば、1回当たり4,513円でプレーできるようだ。

倶楽部ハウスはこんな感じ。

倶楽部ハウスから荒川の堤防を越えて歩いていく。

パッティング練習場。

ここにくれば、担当者がいるので、先着順でどんどん4人1組ができあがっていく。

乗用カートではなく、手引きカートなので、自分で好きなのを選んで、バッグを積む。全部セルフ。

アウトのスタートはこんな感じ。

河川敷と思えないくらいキレイだった。

芝もびっしり生えていて、ベアグラウンドのところなんてほとんどなかった。

全体的に狭く、ドライバーは気をつけないとすぐにOBになる。このようなネットもいろんなところに張られていて、難易度は結構高いと思う。

インスタートなら、こっちでカートを返して、倶楽部ハウスへ戻るという流れ。

倶楽部ハウスに戻れば、あとは精算するだけ。シンプル。

春夏は、朝4時から受付をしているようで、今回は朝4時30分頃にフロントで受付をして、スタートしたのが、4時40分、ハーフが終わったのが、6時だった。ハーフ1時間20分であがれた。
これなら平日に仕事に行く前にもいけるなあと妄想。
なかなか良かった。練習場にいくなら、ここに来たほうがいいと思った。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告