まだ残り試合数があるとはいえ、「正念場」。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

中日が勝って、阪神が引き分けて、ゲーム差「6」。
かなりヤバイラインまで来た!
しかも今期の直接対決は2勝8敗と首位争いしていると思えないほど。
まだ直接対決を12試合残しているとはいえ、勝負どころだと思う。
これ以上離されるとチーム全体の士気、選手個人のメンタル面で影響が出そう。
久保田と今岡が戻ってくるまでに3ゲーム差くらいまで戻しておきたい。
そう考えると7/25,26,27の3連敗が痛かった。
でも、ここでムカついてると落合のいいように扱われるから、涼しい顔して相手がやられたらキツイことをきっちりやっていくことやと思う。
(まー落合はやられても強がり言うと思うけど。)
もちろん基本は自分達のプレーをすることやと思う。
こういう時こそ、ミスがないように、フォローやカバーをきっちり行い、正確な送球を心がけ、一塁まで全力で走り、ボールをしっかり見極めよう。焦りは禁物。ここからは勝てる試合を落としたら脱落する。正念場。

阪神タイガースヒストリー・トレジャーズ―80th
ベースボール・マガジン社
売り上げランキング: 327,052
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です