メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール – 藤田 英時 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

本書では、仕事のできる人が普段から行なっている「メールの暗黙のルール」をまとめています。「メールは1往復半で終える」「用件が2つあるなら件名も2つ」「一文一義で短く書く」「効果的な引用のしかた」をはじめ、今すぐ使える文例集も付いており、どこから読んでも即効性のある内容です。著者は、インターネット、コンピュータ関連の多くの著作を持ち、実践に即した解説を得意としています。
読者対象は、20代~30代のビジネスメールに不安のある若手を中心に、さらに隠れた読者として、就職活動などで丁寧なメールを書く必要がある学生、ITが苦手だけど、使わざるを得ないベテランのビジネスパーソンなど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

新人やアルバイト向けの資料としてピッタリ。
若い子の中には、ケータイメールばかりで、普通のPCメールをあまり使ったことがない人も多いので、基本を身につけてもらうのにいいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です