これからの思考の教科書 – 酒井 穣 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ベストセラー『はじめての課長の教科書』の著者が語る、ビジネスパーソンが成果を出すために身につける「ビジネス思考」のすべて。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

問題解決のコアとなるのは、「問題を発見する力」と「問題を分割する力」の2つである。この「問題を発見する力」と「問題を分割する力」をどのように身につけるかについて具体的に書かれていて参考になる。
問題解決とは少し離れるが、上手に話すためのロジカルコミュニケーションの中で紹介されていた話し方の訓練は取り入れたいと思った。また紹介されていた「論理的に話す技術」という本も読んでみたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告