ナポレオン狂 – 阿刀田 高 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ナポレオン狂 (講談社文庫)
阿刀田 高
講談社

自らナポレオンの生まれ変りと信じ切っている男、はたまたナポレオンの遺品を完璧にそろえたいコレクター。その両者を引き合わせた結果とは?ダール、スレッサーに匹敵する短篇小説の名手が、卓抜の切れ味を発揮した直木賞受賞の傑作集。第32回日本推理作家協会賞受賞の「来訪者」も収録する。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

表題作を含めた12編の短編集である。
直木賞受賞作の「ナポレオン狂」よりも、「来訪者」と「サン・ジェルマン伯爵考」が面白かった。たしかに「ナポレオン狂」の良さもわかるが、「来訪者」の方がより、ぞくっと来たし、「サン・ジェルマン伯爵考」の方がSFっぽかった。
12編の中には正直、たいして面白くないのもあるが、まあ好みだろうとは思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告