「大関ヶ原展」を見に行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分


先日、江戸東京博物館に「大関ヶ原展」を見に行ってきた!武将たちが関ヶ原で実際に用いた、武具・甲冑などを過去最大級の規模で展示しており、「関ヶ原合戦画屏風」や「関ヶ原合戦絵巻」などもあって非常に豪華だった。
徳川四天王の具足もいいなあと思ったが、やはり、徳川家康との具足には人だかりが出来ていた。これを着て、家康は関ヶ原にいたのかあと。
三大茶入れの1つと言われる「初花」も見たいと思ったが、京都だけの展示らしい。残念。。。

とにかく混んでいた。

入場制限がかかっており、入場するまで90分。中に入ってからは2時間みっちりと見た。

ジオラマを使った映像も印象に残った。関ヶ原の地形、天候の変化、各大名の動きなどが刻々と再現され、どういう流れで決着がついたのか、石田三成はどの方向に逃げたのか、島津はどこへ退却したのかなどが書物では分かりにくかったが、このジオラマでやっと把握した。
これから京都と福岡へ回るらしいので、そちら方面の人にはお勧めしたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です