全部無料で宣伝してもらう、対マスコミPR術 – 玉木 剛 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 0 分

全部無料で宣伝してもらう、対マスコミPR術

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

以前から積読になっていた本。新しい会社のプレスリリースも考えなくては・・・というところでひっぱりだしてきて読んでみた。
購入したのはいつだったか・・・2〜3年前だからだいぶ本棚を飾っていたことになる。
いつも読もう読もうとはするが、結局読めずにいたが、必要に迫られると読むもんですね。
この手のプレスリリースのやり方や広報についての本って非常に少ない。
雑誌では「宣伝会議」などがあるが、じゃっかんニュアンスが異なる。
そういう意味ではとても貴重な本だと思う。
G社にいるときに広報担当として、プレスリリースを書いたり、記者会見を行ったり、インタヴューのセッティングしたりと経験はあったが、その当時は徒手空拳でやっていた。この「全部無料で宣伝してもらう、対マスコミPR術」を見て、やり方は多少違うが基本的には間違ってなかったと実感。
本書をざっくりまとめると、
  ・プレスリリースによるパブリシティは広告の3倍の効果がある
  ・プレスリリースにも読まれやすいフォーマットがある
  ・プレスリリースでやってはいけないことがある
  ・基本はFAX、写真は郵送という形がいい
  ・プレスリリースで一番重要なのは「タイトル」だ!
  ・同じマスコミの別部署に送ってはいけない。1社1部署がルール
  ・マスコミの編集方針、コーナー、発行サイクル、読者層、タイトル記事などは押さえるべき
  ・広報にも計画が必要
という感じですかね。
やっぱりとんちんかんなプレスリリースが大量に送られてくるらしいので、
きっちりとツボをはずさない!それだけでかなり採用確率が違う。
ネット系マスコミは、pressnetなどがあるのでそれを利用するのがベストだと思うが、
やはり攻めの広報をするには、記者個人との信頼関係を構築することが一番。
本書とマスコミ電話帳の2冊があれば基本的には広報はできますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です