絵でみる江戸の女子図鑑 – 江戸人文研究会 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

本書は、習い事やファッション、結婚事情、仕事など、江戸娘の暮らしを美しいイラストで紹介する一冊です。当時も今も女子の気持ちや生活は共通するところが大きいようです。女性が一人で生きていくことは難しい時代でしたが、さまざまな仕事、結婚や子育て、離婚事情など、当時の女性たちの姿が生き生きと蘇ります。時代小説ファンや江戸愛好家の方々にはもちろん、多くの女性にとっても興味深いテーマが満載です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

たまたま家人が借りていた本であるが、ぱっとみて面白そうだと思い、そのまま読破。江戸の女性がどういう風習や文化、仕事などをしていたかがイラストでわかる仕組みになっており、文字だけではなかなかわかりにくい部分がよくわかった。
そして、時代劇で演じられているものに、かなりのフィクションがあることも。
本当の江戸時代を知りたい人向け。まさに小図鑑である。
いやーこのシリーズ良さそう。
このシリーズは他にも以下のようなものがある。これらも読みたい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です