呆韓論 – 室谷克実 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

呆韓論 (産経セレクト)
呆韓論
posted with amazlet
室谷克実
産経新聞出版

これでもまだあの国につき合いますか?“普通の国”だと思ったら大間違い!すべての問題の根源と責任はかの国の病にある!「ジャパン・ディスカウント」運動はいったいいつまで続くのか。そもそもあの国は「自由と民主主義」の価値を同じくする国ではない。正統性が疑われる朴槿惠政権、両班根性丸出しの国連事務総長、対馬の領有をも主張しはじめた「脳内ファンタジー史」……“外華内貧”に象徴される日本人には理解しがたい“文化”と“感覚”をかの国の報道からつまびらかにする。妄想と暴走に振り回されないために知るあの国の病巣。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

韓国に関する分析本であるが、似たような本として、以前に、「韓国 反日感情の正体」と「悪韓論」を読んでいる。いわゆる嫌韓本である。
「韓国 反日感情の正体」には、韓国人の歴史観が、「あった歴史」ではなく、「あるべき歴史」であることを知ったが、本書ではそれを「脳内ファンタジー史」と呼んでいた。

韓国人の歴史観というものがどういったものであるかというと、「あった歴史」より「あるべき歴史」で考えるということらしい。つまり、民族あるいは、国家として「こうあるべきだった歴史」を前提に歴史を考え、記録しようとしているとのことで、これでは日本と韓国で歴史認識が一致することなどあり得ないだろう。

本書の中に出てくるOINKやウリジナルなども一種の「脳内ファンタジー」なんだろう。あとはだいたいどこかで読んだような内容である。まあそれだけ最近は嫌韓が日本で蔓延しているということだろう。その意味では、ちょっと飽きてきた。
まあ結局のところ、隣国であり完全に無視はできないので、日本人は韓国に対して、「達観」するしかないのだろうと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告