関東煮について

【この記事の所要時間 : 約 2 分

ちょっと季節はずれですが、「おでん」の話。
おでん。関西では「関東煮(かんとだき)」とも言われる。
大阪出身なので、関西で関東煮と言われているくらいやから関東から来たもので中身も同じものやと思っていた。が東京に来てびっくりしたネタがある。
それが・・・ちくわぶ
東京の人は知らないかも知れないが、大阪のおでんには「ちくわぶ」なるものは入っていない。
東京の人は「ちくわぶ」が全国区だと思っている人が多いが、それは間違いだと指摘したい。
ちなみに九州の友人も四国の友人も知らないと言っていた。
はじめて聞いたときは、東京の人はちくわのことをちくわぶといういうと勘違いしていたが、その後、「ちくわぶ」という種類のネタがちくわとは別にあることを知る。
ある人に薦められて、是非ということでそのちくわぶを食べてみた。
・・・・。
・・・・。
・・・・・・・・ orz.。
正直な感想は、「なにこれ?おいしいの?」
ちくわぶとの衝撃の出会いだった。
聞くところによると、ちくわの代用品として、戦後、よく食べられたとのこと。
たしかに。ちくわの方がいいもんね。
(ちくわぶが好きな人には悪いけど。)
おでん種辞典

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です