【名画の扉】 この絵の作者とタイトルは? – 第3回

【この記事の所要時間 : 約 2 分


[ 名画の扉の問題 ]
この絵画の作者とタイトルは?
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
[ 名画の扉の回答 ]
バジール作 「家族の集い」
フランス南部・モンペリエでワイン製造を営む裕福な名家出身のバジールが、実家が所有するモリエンペ郊外の田舎風の屋敷に集うバジール一族を集団的肖像画にて描いた作品である。
画面左に立っている男性2人の左側が画家本人であり、右側が父親である。
フレデリック・バジール Frédéric Bazille | 1841-1870 | フランス | 印象派

パリの画塾で、クロード・モネ、ルノワール、アルフレッド・シスレーと交友を重ね、彼らと共にフォンテーヌブローの森近辺やセーヌ河口の港町オンフルールで(戸外)制作活動をおこなうほか、バジール同様、ロマン主義を代表するドラクロワに強く影響を受けたポール・セザンヌと知り合い、アカデミー・シュイスで学んでいたセザンヌを通じ、カミーユ・ピサロやギヨマンなどとも出会う。1870年の普仏戦争に志願し、第1ズアーヴ連隊に入隊するも、同年10月28日、ビュルギュンディ地方ボーヌ・ラ・ロランドで戦死、享年29歳。

(名画の扉・シリーズ)

徳島県・鳴門にある「陶板名画美術館」として有名な「大塚国際美術館」で撮影してきた世界的に有名な西洋絵画をもとにその絵の作者やタイトルを当てようと言うシリーズである。あなたは、どれくらい当てられる?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です