損保ジャパン東郷青児美術館へ行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 1 分

gomufusen.jpg
新宿西口の損保ジャパン本社ビル42階にある損保ジャパン東郷青児美術館へ行ってきた。
今回は、1960年代から2000年代までのポップアート。
リキテンスタイン、ウォーホルから最新の若手まで展示されていた。
一番印象的だったのは、上の画像のデイヴィッド・ラシャペルの「ゴム風船(ブタ)」。なかなかインパクトがあり面白い。
もちろん常設展示コーナーのゴッホの「ひまわり」、ゴーギャンの「アリスカンの並木路」、セザンヌの「りんごとナプキン」の3点も見てきた。
東郷青児の冠がついている美術館なので、東郷青児のものも見てきたが、昭和初期にすごいモダンな絵を描いていてびっくりした。
以下の「望郷」も良かった。
boukyo.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です