酒場のたしなみ – 吉行淳之介 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

吉行淳之介 酒場のたしなみ
吉行 淳之介
有楽出版社

文壇きってのダンディ・吉行淳之介がその幅広い交友を通し、酒場での作法、酒飲みの極意を軽妙洒脱、艶やかな筆致で描き出した名エッセイ集。粋な男の粋な飲み方。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

昭和40年代や50年代に書かれた著者の酒場に関するエッセイを集めたものとなっている。戦後初期、戦後中期における昭和の文壇人の酒の飲み方について書かれている。今読むと昔話を聞いているような雰囲気だった。
銀座や新橋、新宿のバーやクラブの話がたくさん出てきた。
粋な男の粋な飲み方と出版社による説明には書かれているが、これが粋な飲み方なのかは意見が分かれるかと思う。内容を読むと結構無粋なことをよくしている・・・・
故人による昔話という感じで読めば、純粋に楽しめるかと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告