「怒り」のマネジメント術 – 安藤 俊介 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

つまらないことで怒って、信頼、チャンス、成功をふいにしていませんか? 仕事で、最も足を引っ張る感情―それは「怒り」。その怒りをどれだけマネジメントできるかが重要です。エグゼクティブほど大事にしている「怒り」のマネジメント術を徹底指南。この1冊で「怒らない人」になれる!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

勉強になった!著者が言いたいことは以下の2点につきる。
 1.怒らなくていいことには、怒らない
 2.怒るとしても、表現方法や場所を選ぶ
なぜ、上記2点を注意すべきなのかは、やはり基本的には「怒る」ことは損だからだと思う。
明日から実践したいのは以下のことである
 ・イラっとしたら、それがどの程度の怒りの感情なのかを10段階に分けてみる
これは実際やってみたが、効果がありそうだった。
続けてみたいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です