なぜかミスをしない人の思考法 – 中尾 政之 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

人間は必ず失敗する。それも性懲りもなく、同じような失敗を繰り返す。しかし、自分のミスをきちんと知識化、教訓化することがミスの再発を防ぐだけでなく、逆にミスしないようなスキルやノウハウを積み上げる。そして、それが質の高い仕事をするための絶好のチャンスに変わる。すべては、「仕組み」で解決できる!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

「具体的にミスを防ぐ方法」というよりは、「ミス全体について総括した」本である。
現場の方が、本書を読んで、明日から使える具体的にミス削減方法を見つけるというよりは、ミスというのはなぜ発生して、どういった原因と対策があり、どういう風にミス削減に向けて検討すればいいのか?ということを考えるきっかけになる本である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です