人生を正しく享受するために – 海老坂 武 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

選択、孤独、好奇心、恋愛、嫉妬―改めて向き合うと、自分の心の奥底、他者や社会との関係が見えてくる。文学や哲学に精通するサルトル研究の碩学が、豊富な経験と幅広い分野の名作の断章から、人生を紐解く。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

選択、記憶、孤独、顔、演技、肉体、好奇心、性欲、恋愛、不倫、嫉妬、裏切り、嘘、怒り、笑い、希望、幸福、快楽、旅、故郷、老いのそれぞれの本質について書かれた本である。
ざっと流し読みしてみたが、これは一気に読む類の本ではなく、人生に悩んだり、困ったりした時に参照するレファレンス本である。
それぞれ必要な時期に読み返したい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です