意味のある2.5差へ

【この記事の所要時間 : 約 2 分

落合がなんといおうと、大事な3連戦だった。
この大事な3連戦を2勝1敗にしたのは大きい。
藤本も同様のことを言っていたが、まさにそのとおり。
安藤もしり上がりに調子を上げ、無難に中継ぎへゲームを引き渡した。
安藤も先発としての力量がついてきたのかもしれない。
金本がすごいのはいわずもがな。
その中で、やっぱり今岡。
あの球は打たれた方の心理的ショックが大きいはず。
そういうプレイをするのが今岡。
野村元監督もいまごろ、目がくもっていたことを反省しているだろう。
中日は必死で追い上げてきたが、阪神はまだ余裕を残していたということだと思う。
先発陣、中継ぎ陣の差がここで出た。
疲れがここにきて出た感じがしている。
疲れがコースを甘くしている。
投手はやはり制球力。
川上は制球力のある投手であるが、大事な試合を落とした。
やはり、この3連戦を勝ち越して切り抜けたのは大きい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です