魯山人の器 – NHK美の壺

【この記事の所要時間 : 約 2 分

「うまいもの」を求め続けた北大路魯山人。彼が目指した「料理と響き合う器」は、どのようにして生まれたのか。センスと技が融合した魯山人の器を堪能するための3つの「ツボ」を紹介。NHKテレビ番組「美の壷」を書籍化。
 ・壱のツボ

料理なくして完成せず

 ・弐のツボ

器に書の至芸を見る

 ・参のツボ

自在な作陶ぶりを味わう

北大路魯山人といえば、なんだか美味しんぼを思い出してしまうが、北大路魯山人がなぜ器を作るに至ったか、その考え方・哲学に触れることができる本である。
食器では磁器より陶器が好きなので、魯山人の作品などは非常に好きである。魯山人の織部とか大好きだ。
イイ器を使うことで、日々のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が上がると思うので、魯山人の器ではなくとも自分が好きな、気に入った器を使いたいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です