日本人のためのピケティ入門 – 池田 信夫 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

知りたい基本が一気にわかる。Q&A付で読みやすい。この本を読めば、ピケティと『21世紀の資本』のポイントが60分でわかる!サブテキストとして最適の「超」入門書が、日本初登場!ピケティについて知りたい人、『21世紀の資本』を読みこなしたい人全員におすすめ!この1冊で、ざっと「基本」を身につけよう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

話題の本を原著で読むのはちょっと・・・と思う人向け。たぶん、ほとんどの日本人はコレを読んでサマリーだけ理解しておけば、ピケティの話題にはついていけるかと思う。
たしかにタイトル通り、60分でざっくりわかった。それで十分だと思う。それで十分でない人は原著を読めばいい。
難点としては、ピケティ本をまとめてくれるだけでいいのに、自分の主張・見解(アベノミクスは失敗だとか)をところどころに挟むところ。それは正直いらなかった。そこは無視して読めばいい。
ちなみにピケティ本の訳書ではないのでその点は注意!ってこんな薄い本とあんな分厚い本なら誰でもわかるか。。。文字数からすると77ページで800円はかなり割高。
まあ、あわせてコレを見ておくと良いと思う。
「30分で判る 経済の仕組み」という動画。非常にシンプルだけどわかりやすい!お勧め!


http://www.economicprinciples.org/
運用資産15兆円のカリスマ投資家レイ・ダリオ氏が語る「30分でわかる経済の仕組み」全文文字起こし

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告