やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本 – 午堂 登紀雄 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

仕事中に、なんだかやる気がでない。やらなきゃいけないのに、進まない。そんなとき、ダメな気持ちを片づけて「やる気」を取り戻す方法があります。今日からできる、気持ちの操縦法。集中力が1日続く78のノウハウ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

期待していなかったが、なかなか面白いと思った。本書は著者が書いている通り、やる気を出す方法を紹介した「やる気のカタログ」である。こういうやる気を出す方法があるよとたくさん紹介しているので、自分にあったものをチョイスして利用すればいいと思う。
やる気やモチベーションというのはなかなかコントロールが難しいものなので、その管理に悩んでいる人は多い。そんなやる気がない人でもこれくらい軽めの本なら読めると思し、結構実践的かもしれない。
やる気がでない朝にちょっと目次だけでもさらっと読んでみるといいかもしれない1冊!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告