気配りの正解 – 後田 良輔 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

気配りの正解
後田 良輔
ダイヤモンド社

人間関係の崩壊は、ほんの少しの「気配りの失敗」から始まります。少しの失敗が積み重なり、大きく信用を失ってしまう。ほんの1ミリ、ほんの1グラムの「気配り」ができなかっただけで、友人や恋人、大切な取引先を傷つけ、怒らせ、そのあげく、「孤立無援」に追い込まれてしまいます。だからこそ、「気配りの正解」を身につけて、自分を守る必要があるのです。
まわりの人を味方につけるには、「好かれようとする」よりも前に、「嫌われないこと」が大前提。「気配りの正解」は、嫌われない自分をつくるための「武器」と言えるでしょう。気配りとは、「なんとなく与えるもの」でも、「なんとなく受け取るもの」でもありません。事前に知識として習い、勉強し、明確な意図を持って与える行為(好意)なのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

んーかなり微妙な本。
気配りに「正解」を求めるところからちょっと・・・・
内容にこれといった深みがなかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です