大江戸美味草紙! – ラズウェル細木 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

江戸に華咲く「食」「酒」「遊び」!大人気グルメコミックの第二弾。春夏秋冬の食材や行事、旦那衆との粋で豪快な遊興など江戸の文化をショートストーリーで楽しめる至極の一冊。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

「酒のほそ道」とは少し違う江戸時代の市井の人々に関する薀蓄がいっぱい。時代物が好きな人にはぴったりな内容である。著者もこういう時代物がすきなんだなあと実感。
江戸時代の食道楽というものがわかる。
江戸の風俗や慣習に関する話題も豊富で、飲みながら読みたいマンガである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告