簡単すぎる名画鑑賞術 – 西岡 文彦 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

名画を前にして多くの人が感じる「どうしてこれが名画なの?」という疑問や戸惑い。そんな素直な感覚を出発点に『モナ・リザ』からモネ、マネ、ゴッホ、ピカソ、ウォーホルまで「見方の要点」を簡潔に解説、名画の魅力を明快に解き明かす。名画鑑賞が楽しくなる一冊。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

著者の本は過去に、「ピカソは本当に偉いのか?」と「絶頂美術館」、「五感でわかる名画鑑賞術」を読み非常にためになったので、またまた読んでみた・・・またあたり!
読み応え抜群だった。
印象派の画家が少し多目だったがとても楽しく読めた。
 ・嫌な予(1874)感の印象派展
 ・いや無味(1863)乾燥なマネの裸
など語呂合わせの年号覚えなども面白かった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です