どうせ確定申告するならやっておきたいのが、「ふるさと納税」

【この記事の所要時間 : 約 3 分

今年はやりたい「ふるさと納税」!

どうせ確定申告するならやっておきたいのが、「ふるさと納税」である。
なぜなら、「ふるさと納税」というのは、ある意味、「2000円でいろいろな特産品がもらえる仕組み」だからである。なぜかといえば、収入によって効果的な「ふるさと納税」の額には上限(控除上限額)があるが、その上限さえ理解しておけば、控除されない分(2000円)を引いた額を使っていろいろな自治体から特産品がもらえるからである。控除上限額は、平均的な収入の人なら数万円、かなり多くもらっている人なら10万円以上にもなる。
確定申告を毎年やっていないならメンドクサイかもしれないが、どうせやっているなら手間は同じである。ふるさと納税をする自治体を決め、入金し、自治体から確定申告用の領収書と特産品をもらい、確定申告でふるさと納税した分を申告するだけである。
ふるさと納税をすると、どのような特産品がもらえるかだが、これは自治体によって大きく違う。牛肉や豚肉、日本酒、お米、果物、海産類、お菓子、グッズなど様々である。どういうものがあるか調べたい人は、「ふるさとチョイス」というサイトが見やすいので、チェックしてみることをおススメする。

と書いていたので、今年は「ふるさと納税」をやってみようと考えている。
2014年の「ふるさと納税」は、家人の希望により、とりあえず、多気町特産 『伊勢いも』(2kg) と淡路島 『たまねぎ』(10kg) が候補に挙がっているが、他にもいろいろとおいしそうなものがあるので選択に悩む・・・

三重県多気町のふるさと納税で選べる特産品

多気町特産 『伊勢いも』(2kg)
三百年の歴史を誇る三重の伝統野菜 ごつい外見に秘められたすごい栄養価「伊勢いも」をご用意しました。伊勢いもは多気町の恵まれた気候風土と地域農家の丹精込めた栽培により、三百年もの昔より受け継がれてきました。 粘りの強さは山芋類の中でも一番とされ、コクのある味わいと栄養価の高さも伊勢いもの特徴です。外見からは想像できないなめらかな白い肌はアクが少なく時間が経ってもその白さは変わりません。 「ジアスターゼ」を多く含み、生で食べると胃にやさしく消化を促進します。粘りの成分である高級タンパク質の「ミューシン」など栄養価も高く滋養強壮に効果があるとされています。


兵庫県淡路市のふるさと納税で選べる特産品

淡路島たまねぎ10kg
5月は甘みの多い早生品種を、6月から1月までは、おいしさが定評の中挽生種をお届けいたします。

ふるさと納税については、特産品をもらうキャンペーンになっているという批判もあるが、個人的には各自治体の特産品のPR機会にもなるのでいいのではないかと思っている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告