盆栽 – NHK美の壺 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

盆栽 (NHK美の壺)
日本放送出版協会

そこには、悠久の時が宿り、見えない背景がひろがっている-。緑のアートとして脚光をあびる盆栽。その美の世界に迫る3つの「ツボ」を紹介する。NHKテレビ番組「美の壷」を書籍化。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

 ・壱のツボ

盆栽には悠久の時が宿る

 ・弐のツボ

一木に大地を見よ

 ・参のツボ

最後の仕上げは鉢映り

将来、年をとったら盆栽でもしたいなあと思っている人なら読むことをおススメしたい。盆栽について知るにはいい本である。しかしなんでもそうかもしれないが、名品というのは所有者がどんどんと変わっていくので、所有者もその時点での所有でしかなく、逆に次の時代へつないでいかなければならないという責任もあるというなかなか厳しい世界だなと。
特に盆栽のように生きているものは、大切に育まないといけないので、大変ですな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です