夜消える – 藤沢 周平 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

夜消える (文春文庫)
夜消える

posted with amazlet
藤沢 周平
文藝春秋

酒びたりの父親が嫁入りの邪魔になると娘に泣きつかれた母親、岡場所に身を沈めた幼馴染と再会した商家の主人、五年ぶりにめぐりあった別れた夫婦、夜逃げした家族に置き去りにされた寝たきりの老婆…。市井に生きる男女の哀歓と人情の機微を鏤骨の文章で綴る珠玉の短編集。単行本未収録の名品七篇。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

久しぶりに藤沢周平を読んだがやはりいい。
しっとりしつつ、ほんわかする。
短編なので、時間があるときに少しづつでも読めるのがいい。カバンに入れておきたい本である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です