打ちっぱなし2回目 in 新座

【この記事の所要時間 : 約 2 分

2回目の打ちっぱなしに行ってきた。
行ってきたのは、ウインズ 新座というところ。
今回はドライパー30%、アイアン70%の割合で練習できた!
今回の発見は、サンドウェッジ。
そんなに距離は必要ないので、安定性を考慮すると、コッキングを使わないで肩を回すだけで対応したい。
しかし普通に構えるとやっぱりヘッドが遅れてくる。
ということで、ヘッドが遅れてくることを前提に、セットアップ時に、ボールよりグリップの位置を進行方向よりに構えるとうまく、すくえる感じでスイングできた。
10球打ったら8球くらいはイメージ通りに飛んだので、このスイングを数振ってものにしたいと思う。
サンドウェッジ(58°)ならコッキングなしのフルスイングで70ヤードくらい。
練習した感じでは、40〜70ヤードくらいはサンドウェッジならそれなりに対応できそうという感触を持った。
7番や5番アイアンはまだまだうまくいかない。
サンドウェッジのようにセットアップ時のグリップの位置を変えるというやり方は試していないが、コッキングを使わない場合はうまくいくのかもしれない。
ただ、7番、5番あたりは、コッキングを使う場合もかなりあると思うので、いいスイングができる方法を早くつかみたい。
ドライバーはまだ精度が低い。
スイングは悪くないと思うので、リズムなど他の部分を調整したい。


月いちゴルファーが、1年でシングルを目指す方法 (文庫)
久富 章嗣
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 12,265
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です